アカウントBAN備忘録
BANされてからBAN解凍来るまでのログを記載しておきます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2005年7月1日 16時頃 ログインを試みたところ、ログインできす。垢BANを確認。

2005年7月1日 16:15:14 メアドを復活したことを help_cc@lineage.jp にメール。
                 メアドが不正のため、届かずメーラーデーモンから返事がある。
                 公式のお問い合わせフォームから問い合わせを行う。

2005年7月1日 16:26:32 公式のお問い合わせフォームからの自動返信を確認。
                 お問い合わせフォームのアドレスから類推して、
                 help_cs@lineage.jp にコピペで送信しておく。
                 メーラーデーモンから返事が来なかったため、上記アドレスで
                 存在している(NCJの記載が間違っていた)ことが確認できた。

2005年7月1日 19:54:06 リネージュサービスチームからのお知らせ(1回目)を受信。

2005年7月1日 21:05:41 上記メールへ抗議(調査・詳細の説明を依頼)

2005年7月4日 18時頃 ログインを試みたところ、ログインできた。垢BAN解凍を確認。

2005年7月4日 18:49:08 アカウント凍結解除のお知らせ(2回目)を受信。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ホットメールの場所設定が適切ではなかった(グリニッジ標準時刻に設定されていた)ために多少混乱しましたが、設定を行うことでメールに記載の発信時刻は正しく遅延はないと考えられます。

流れとしては、
NCJ → 不正な接続(海外接続)と疑い、登録メアドに通告を送るもメーラーデーモンの刑
      に合い、アドレスが存在しないと判断。垢BAN
私 → 垢BANから登録情報が不正だったのかと確認を試みる際に、メアドの有効期限切れ
      を疑う。メアドの確認(ログイン)を行うと案の定死んでいたことを確認。
      復活させたことをNCJに連絡。
NCJ → 上記連絡を受け、垢BAN通告をメール
私 → 垢BAN通告の理由に覚えがなく、調査と確認を依頼。
NCJ → おそらく土日はお休み(NCJもしくはプロバイダ)。NCJからプロバイダに問合せを
      行い、日本からの接続であることを確認。垢BAN解除。

BAN解除来てすぐぐらいにINしたようです。
NCJはともかく、私の使用しているプロバイダ(レオnet)は土日休みだし対応も悪いので、そこが律速になっていたことは十分考えられます。

BANが来ても泣き寝入りせず、毅然と対応を依頼しましょう。
冤罪で良かったですが、週末は気が気ではありませんでした。

それだけ本腰を入れて海外接続者をはじこうとしてくれていることが伺えます。
[PR]
by wikich | 2005-07-05 06:33 | アカハック & BAN
<< FI ペア Rushia 復活!! (≧▽≦)つ >>