サイクロ拉致現場
31f クラハンの後、オーレンでサイクロと戯れるBEモーフ発見。
最初はMPKかと思い加勢したけれど、何やらおかしい。いつまで経っても倒せる気配がない。
よく見れば、BEモーフ3人はサイクロにヒールしている。

あれか。これが噂に聞いたサイクロ拉致か。




サイクロは『魔法書:サイレンス』をDROPするけれど、サイクロは鯖に2体しか存在しない。
数が減れば出るのだが逆に倒さなければ新しいサイクロは出てこない。サイレンスも増えない。
するとサイレンスの供給が減り、魔法書の価格が上がる(=価格操作できる)、というわけだ。

つまりこのサイクロを倒せばサイレンスが手に入るのではないか。
価格なんて分からないが相当な額だろうと、必死で追跡した。


彼らはオーレンの左出口から出て、昔ドワをハメできた岩場のある海岸あたりまで引いていった。
人数は最初彼らの3人とサイレンス狙いのDKモーフが1人いたが、彼らは2人になり、DKモーフはいつのまにかいなくなった。

執拗な追跡に疲れ引き手を交代したかったのか、ただの切断なのか、2人のうちFAを取っていたと思しきBEモーフが消えたとき、叩いていた俺にFAが移動した。その場でタイマンを張るが、BEモーフが敵にヘイストとヒールをするので一人では到底、倒せない。

誰かに手伝ってもらう必要がある。


クラチャで発言してみるが、興味を示して加勢してくれそうな人はいない。
ましてやどこに引いていく、などの指示を出せるほどの余裕もない。
ひとまず友人に電話し協力を要請をする。突然の電話に驚く友人。こんな時間にいきなりオーレン左出口に来い、では無理も無い。こちらも半分パニックであったため、うまく状況が説明できない。

BEモーフからスローを食らい、FOSを食らい、たまに寝てしまったが、FOSの場合は1発殴られれば起きる。スローはGGPを飲めばキャンセルできるが、GGPを使うのはもったいなく、またサイクロの移動速度が律速になるので、そのままで十分だった。

場所が伝えられるようなところ、で最初のオーレン左出口までサイクロを連れ戻した。
街に入ったときには、BEモーフの彼らはあきらめたようだった。
サイクロを叩いていると、バフォモーフが加勢してきた。
エンチャントをする余裕はなかったしスローがかかっていたので、FAはあってもとてもドロップがきそうにはない状況。サイクロを倒したが、案の定DROPはなし。バフォは無言で立ち去ったので、DROPが無かったとは言い切れない。

しかしおそらくは、彼等は既にサイクロを1度倒してDROP(サイレンス)を得てから、Resして連れまわしているのだろう。
従って、この行為を邪魔する目的で行うべきだったことは、サイクロを倒した後、その上に立ち、Resさせないことだったのではなかろうか。

そして新たに発生するサイクロを探し、食らう。そうしてはじめてサイレンスを手に出来る。
そのときにたまたまサイクロ発生狩場で狩りをしているPT等がいれば、彼等に持っていかれても何も文句は言えないのである。そこに所有権は発生し得ない。


あれだね、天然物ってすごいのね。

彼等が本気でPKしに来なかったことはラッキーだったし(2人がかりでカーパラ&FSで襲われたらナイトの単騎ごときでは飛ぶしかない)、夜中の不快な電話に応じてくれた友人に感謝。
少なくともネタにはなりました。

PS
サイレンスの価格、250~1.2M(アク鯖、LMPT)とのことです。
[PR]
by wikich | 2005-05-04 03:10 | つぶやき
<< Ad-AwareSE(アンチス... 久々のEND(切断死) >>